スポンサーリンク

FC2ブログは凄かった。

FC2ブログは凄かった。

アメブロやSeesaa、JUGEMなど、主要ブログサービスは一通り使ってみました。

「ブログのお引っ越しについて」の記事でも触れたのですが、特にアメブロは10年以上使ってきました。

FC2ブログへ本格的に引っ越しをして、ここ数日、FC2ブログのサービス内容を一通り確認してみました。

本当に素晴らしいの一言。使いやすさと、”かゆいところに手が届く”行き届いたサービス内容。

今のところ文句がありません。(運営会社の不透明さを除いては。)

 

何が凄いと思ったのか?

記事投稿エディタの使いやすさは、ほんの少しアメブロが勝ってるように思えます。

でも、本当に微々たる差。各々自分の差。

アメブロでは写真を挿入するとき、記事投稿シートの横に写真をアップロードできるエリアが用意されており、そこで管理もできます。

別タブや別ウィンドウを開かずとも、1ページでことを済ませられるのです。

一日の長かもしれないが、これはとても楽。

記事を書きながら、”ここに写真を挿入したい”と思ったとき、スムーズにアップロードでき、挿入までできます。

FC2ブログの場合は、別タブまたは別ウィンドウでアップロードページが開き、挿入する流れです。

個人的には、そこはアメブロの方が使いやすいなと思っています。

でも、FC2はアメブロには無い、カスタマイズ性があります。

アイキャッチ画像の設定や、FTPでのアップロードが可能なのです。(FTPで使用できる容量は500MB)

データ形式も、JPEGやPNGなどの画像データだけではなく、mp3やmp4などの動画音声データ、htmlやCSSなどといった、あらゆる形式のデータがアップロード可能です。

このデータを挿入したい!共有したい!と思っても、アメブロでは外部のオンラインストレージサービス経由で共有するしかないですから、これは嬉しいサービス内容です。

FTPでアップロードしたファイルへのアクセスは、

https://file.blog.fc2.com/自身のID/ファイル名

上記のURLからアクセスできます。

今後、色々な表現方法ができるかもしれません。楽しみです。

 

デザインのカスタマイズ。

デザインのカスタマイズ性、これが一番です。

デザインテンプレートは、FC2公式のものから、一般ユーザーが作成配布しているものまで、数千種類あります。 しかも、それらはhtml、css編集が可能。

アメブロでもcss編集用デザインが用意されていますが、一部の範囲しか編集できません。

FC2では、ヘッダーからフッダーまで、<html>~</html>までのすべてがカスタマイズ可能です。

もちろん、htmlやcssの知識が皆無の人でも、ある程度のチェックボックスが用意されており、ワンクリックでカスタマイズ可能です。

僕は、極力FC2要素を消したかったので、最上部の検索バーからフッダーのcopyrightに至るまでのFC2なる文字は全削除しました。(ソース上では残ってるけど、それは仕方ない)

今後は、僕が保有しているドメインの移管も考えております。これらもFC2で管理可能。

至れり尽くせりです。

 

ここは無理なのかな?

FC2要素を極力消したいと思っているのですが、できないところもありました。

これは僕の確認不足なのでしょうか?解決策を知ってる人は教えて欲しいです。

僕のブログでは、パスワード限定記事が多々あります。これは限られた範囲の人だけに公開したい内容だからです。

その限定記事で、パスワードを入力する際、必ずFC2要素満点の認証ページへ飛ばされてしまう。

僕はこのページもカスタマイズしたいと思っています。

そこまで求めるなら、レンタルサーバー契約して、WordPressでブログ作れよという話なのですがね…。

数年前まではそれでやっていいたのですが、面倒だった。そうすると、やる気が削がれ、次第に更新が滞って行きました。

ある程度はサービスに頼り、ある程度はカスタマイズしたい。これは贅沢なのでしょうか?

パスワード認証の都合上、ここはカスタマイズできないのでしょうか?

ただ、上部のFC2ブログというロゴと、下部のcopyrightだけ削除したい、ただそれだけなのです。

404ページやコメント投稿完了ページの編集は可能なのに、ここだけなぜできないの? どうかFC2さん、考慮ください。

 

余談「心配です」

むぎ(猫)ちゃんがインフルエンザにかかったらしい。

最近、多忙だったむぎちゃん。北海道ライブ後の、公開ラジオ番組「音楽農園」の時も鼻声だった。

どうぞ、ゆっくりお休みになって、御自(猫)愛ください。

今年のインフルエンザは例年以上に猛威を振るっております。みなさんもお気をつけください。

 

続。

サポートのお願い
誤字脱字の指摘はこちらまで

日記
購読する
この記事を書いた人
平田 朝晃

ハンドルネーム:まぁびぃせんせー。
1995年1月30日、沖縄県那覇市出身。
2007年から2017年までは、Amebaでブログ運営をしていました。
現在は、WordPressで運営しています。
詳しいプロフィールはこちら

購読する
スポンサーリンク
THE RORISI

コメント

タイトルとURLをコピーしました