⚠サポートのお願い⚠
スポンサーリンク

うちなあ家 泊店-沖縄そばのルーツ「唐人そば」

県内9店舗の沖縄そば屋で「唐人そば」が期間限定で提供されています。→琉球新報の記事
唐人そばとは、沖縄そばの原点となった食べ物で、この度110年ぶりに再現されました。

沖縄そばの原点唐人そばとは…?
1902年(明治35年)沖縄県初の「支那そば屋」とされる観海楼が開業。
経営者は宮崎県出身の福永義一という人物であった。
店を任されたのは大阪の支那料理屋から招聘された辮髪(べんぱつ)の清国人で、「唐人そば」という通称で人気を博す。黒いスープ(醤油味)であったと伝えられている。
1902年(明治35年)4月の新聞の広告に「那覇市警察署下りに支那そばや開業」という記事が確認されている。大和の商人が「清国ヨリ料理人ヲ招キ」とある。
これが資料として確認される沖縄で最も古い「支那そば屋」である。

うちなあ家 泊店の唐人そば  – 650円

よかったところ
一見、スープは濃さそうな色味ですが、いい塩梅。
麺は太麺でモッチリとしていて良い。
ホロホロに崩れた軟骨ソーキがたくさん入っている。

悪かったところ
強いて言えば、唐人そばが「醤油味」と伝えられている割には醤油が感じられない。

おすすめ度 ★★★★☆ (星3.9)
※個人的な感想です。

 

お店の情報

うちなあ家泊店の食べログ→こちら
沖縄そば発展継承の会「唐人そば」とは?→こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました