⚠サポートのお願い⚠
スポンサーリンク

【第1回】那覇の景観資源-壺屋周辺

那覇の景観“資源”(都市景観資源)をご存知でしょうか?
「都市景観の形成上重要な価値があると認められる樹木や石垣、拝所、建築物などを対象として、都市景観資源指定候補の選定を行い、所有者の同意を基に那覇市が指定した物件(資源)」のことをいいます。
那覇の景観資源指定候補集(PDF/8.9MB)
那覇の都市景観資源指定物件(PDF/2.5MB)

一方、那覇の景観“賞”(都市景観賞)も存在しています。
「都市景観に関する市民の意識を高め、那覇の景観向上を図ることを目的に、優れた都市景観の形成に大きく寄与している建築物・工作物や屋外広告物に那覇市が与える賞」のことをいいます。
第1回~18回のパンフレット(PDF/25MB)
第19回パンフレット(RDF/3.4MB)

一覧をみると
「景観資源」は大木や拝所が多く、自然や御嶽が中心といった感じ。
「景観賞」はモダン建築物や沖縄らしい建物が多く、建物や街並みが中心といった感じ。

なぜ今回、これらの資源や賞について紹介したのかと言いますと「那覇の景観資源候補」の現状をシリーズで紹介したいと思ったからです。
今後、不定期でシリーズ記事を書いていきます。
しかし、記事を書くにあたって4つの注意事項があります。
1、個人所有の物件は撮影許可等が発生するので紹介しません。
2、公園や街路樹などの所有者が公の物件のみを紹介します。
3、不定期で記事を更新します。完結するかは不明です。(ここ重要)
4、景観資源候補集では、ナンバリングが地区を跨がりバラバラでうたれています。当ブログでは順不同で紹介します。

個人所有の物件で樹齢150年以上超える大木や老木も存在するので紹介したいのですが、無許可で掲載するわけにもいきません。
とても残念ですが、景観資源候補集を元に各個人で見に行ってください。(Googleマップでも見れるよ)

状態の評価方法

僕が見た印象を5段階で評価します。

5→選定当時と比べ、ほぼ変わらず残っている状態。
4→選定当時と比べ、変化が見られる状態。
3→選定当時と比べ、大きく変化が見られる状態。
2→選定当時と比べ、大きく変化見られる上に存続が危ぶまれる状態。
1→存在しない。

では、シリーズ第1回目は景観資源候補のNo.41・63・64・84・110を紹介します。
隣接するNo.118は個人所有の物件なので掲載はできません。ご了承ください。

※「景観資源候補」の中から「都市景観資源」に指定された物件は(都市景観資源)と記載しています。

No.41

No.41:壺屋(南ヌ窯)前ガジュマル群生(都市景観資源)
場所:壺屋1丁目(Googleマップ)
所見:小鳥のさえずりや自然を十分に感じさせてくれる都心のオアシス
選定:1993年(平成5年)
状態:3
YouTube:2:35~

一言メモ:樹齢300年以上のガジュマルの大木でしたが、2015年11月21日に一部が倒木してしまいました。選定当時と比べ、大きく状態の変化が見られます。
ちなみに南ヌ窯とは県文化財指定の登り窯です。

No.63

No.63:東ヌカー(都市景観資源)
場所:壺屋1丁目(Googleマップ)
所見:ガジュマルの大木と共に今でもコンコンと湧き出る水。崇敬を集めている。
選定:1993年(平成5年)
状態:5
YouTube:0:08~

一言メモ:ひめゆり通り側の壺屋大通り入り口すぐのところにあります。今もほぼ変わらず選定当時の状態で残っています。
第20回「那覇の景観賞」にも選ばれました。

No.64

No.64:壺屋の裏小路
場所:壺屋1丁目(Googleマップ)
所見:石垣がほぼ原型のまま保存され、風情のある道を形成している。
選定:1993年(平成5年)
状態:5
YouTube:1:09~

一言メモ:今もほぼ変わらず選定当時の状態で残っています。
ちなみに、壺屋地域は野良猫がいっぱいいます。

No.84

No.84:壺屋の御嶽(ビンジュルグヮー)(都市景観資源)
場所:壺屋1丁目(Googleマップ)
所見:那覇の戦後の復興の中心地にある、大正時代末ごろからのウタキである。
選定:1993年(平成5年)
状態:5
YouTube:2:07~

一言メモ:今もほぼ変わらず選定当時の状態で残っています。
壺屋地域は戦禍から比較的免れ、復興の中心地となりました。
濱田庄司金城次郎なども壺屋で学び人間国宝に選ばれています。
佐藤惣之助詩歌碑問題も合わせて読んでみては?

No.110

No.110:壺屋のガジュマル(ミーガーヌカー)
場所:壺屋1丁目(Googleマップ)
所見:赤瓦の屋根と、ガジュマルは美しく調和し、古の面影を感じさせる。
選定:1997年(平成9年)
状態:3
YouTube:3:23~

一言メモ:選定当時と比べ、大きく状態の変化が見られます。
周囲を探したけどこれしか見当たらなかった。
パンフレットの写真とは大きく違うので、見当違いの可能性大。

No.118

No.118:壺屋1丁目個人宅のガジュマル
場所:壺屋1丁目(Googleマップ)
所見:四方八方コンクリートで囲まれた市街地の中で貴重である。
選定:1997年(平成9年)
状態:3

一言メモ:選定当時と比べ、大きく状態の変化が見られました。

動画
記事中の情報

那覇の景観資源指定候補集(8.9MB)→こちら
那覇の都市景観資源指定物件→(2.5MB)→こちら
「那覇の景観資源」Googleマイマップ→こちら

※代表してNo.84「壷屋の御嶽」の地図を掲載します(ビンジュルグヮー)

コメント

タイトルとURLをコピーしました