スポンサーリンク

【第2回】那覇の景観資源-高良周辺

前置き

「那覇の景観資源指定候補」の現状をシリーズで紹介します。

那覇の景観資源(都市景観資源)とは?
「都市景観の形成上重要な価値があると認められる樹木や石垣、拝所、建築物などを対象として、都市景観資源指定候補の選定を行い、所有者の同意を基に那覇市が指定した物件(資源)」のことをいいます。
第1回~6回景観資源指定候補集(PDF/8.9MB)
那覇の都市景観資源指定物件(PDF/2.5MB)

記事を書くにあたって4つの注意事項。
1、個人所有の物件は撮影許可等が発生するので紹介しません。
2、公園や街路樹などの所有者が公の物件のみを紹介します。
3、不定期で景観資源シリーズ記事を更新します。完結するかは不明です。(ここ重要)
4、景観資源指定候補集では、ナンバリングが地区を跨がりバラバラでうたれています。当ブログでは順不同で紹介します。

僕が見た印象を5段階で評価します。
5→選定当時と比べ、ほぼ変わらず残っている状態。
4→選定当時と比べ、変化が見られる状態。
3→選定当時と比べ、大きく変化が見られる状態。
2→選定当時と比べ、大きく変化見られる上に存続が危ぶまれる状態。
1→存在しない。

「景観資源候補」の中から「都市景観資源」に指定された物件は(都市景観資源)と記載しています。
これまでに更新した「那覇の景観資源シリーズ」のブログ記事はこちらをクリック

No.4

No.4:高良小学校裏の斜面緑地
場所:高良2丁目(Googleマップ)
所見:那覇の南玄関のランドマーク的存在。主に松で形成された斜面緑地。
選定:1993年(平成5年)
状態:5-
YouTube:0:09~

一言メモ:お墓の増加で多少の変化は見受けられますが、ほぼ選定当時の状態で残っています。那覇空港や慶良間諸島まで一望できます。
※夏場はハブに要注意。

No.11

No.11:高良公園のガジュマル群(都市景観資源)
場所:高良1丁目(Googleマップ)
所見:アシビナーのガジュマル群。地域のランドマークとなっている。
選定:1993年(平成5年)
状態:4
YouTube:0:38~

一言メモ:選定当時と比べ、枝ぶりに多少変化が見受けられます。
公園内には高良御嶽があり、戦前に宇栄原集落からこの場所に移植されたガジュマルの木です。
樹齢は150年以上、沖縄県環境部環境再生課の「沖縄の名木百選」にも選ばれています。
所見の「アシビナー」とは「遊び場」の意味です。

No.87

No.87:下ヌ御嶽
場所:高良2丁目(Googleマップ)
所見:昔、字宇栄原武士が力比べをした場所。モクマオウ林が木陰を与えている。
選定:1993年(平成5年)
状態:5-
YouTube:1:16~

一言メモ:現在は「高前原公園」の一部となっており整備がなされています。
モクマオウ林は減少していますが公園整備の一環でしょう。選定当時より良い状態で残っています。
すぐ近くには上ヌ御嶽も存在します。

No.111

No.111:高良小学校に至る緑の帯
場所:高良2丁目(Googleマップ)
所見:幼児の頃から変わることなく残っている緑地を後生に残したい。
選定:1997年(平成9年)
状態:5
YouTube:1:49~

一言メモ:今もほぼ変わらず選定当時の状態で残っています。
確かに自然豊かな緑地帯ですが、なぜこれが景観資源なのか?理解できない。
正直な感想を言えば、整備されていない荒れ地にしか見えない。
「伐採しても構わない」と言いたいのではなく、もちろん自然は残すべきです。しかし、ハブや土砂崩れなどの危険性はないのか?近くには小学校もあるでの少し不安です。

No.173

No.173:高良小学校正門ガジュマル
場所:高良2丁目(Googleマップ)
所見:小学校の正門にあるアーチガジュマルで、当校のシンボルツリーとなっており、卒業生の思い出の木である。
選定:2003年(平成15年)
状態:1
YouTube:2:26~

一言メモ:ガジュマルは半分だけ残っており、景観資源として見る影も無い。
所見にある「アーチガジュマル」は完全に失われているので、評価は厳し目に「状態1」としました。残念なことに景観資源は失われています。
残る半分のガジュマルの保存に努めるべきでしょう。

No.1&119

No.1:高良1丁目個人宅の老木
場所:高良1丁目(Googleマップ)
所見:約150年前、中国から持って帰った種を育てた沖縄では珍しい木である。
選定:1993年(平成5年)
状態:5

一言メモ:今もほぼ変わらず選定当時の状態で残っています。
一見するとそこらにある普通の木ですが、よく見ると確かに風格ある木。


No.119:宮城1丁目個人宅のトックリキワタ
場所:宮城1丁目(Googleマップ)
所見:将来建物が密集する市街地にあって区画整理の地区内外の境界枕。
選定:1997年(平成9年)
状態:1

一言メモ:残念なことに景観資源は完全に失われています。形跡すらありません。
個人所有の物件なので仕方のないことです。

記事中の情報

那覇の景観資源指定候補集(8.9MB)→こちら
那覇の都市景観資源指定物件→(2.5MB)→こちら
「那覇の景観資源」Googleマイマップ→こちら

※代表してNo.11「高良公園のガジュマル群」の地図を掲載します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました