スポンサーリンク

【第6回】那覇の景観資源-壺川~楚辺周辺

前置き

「那覇の景観資源指定候補」の現状をシリーズで紹介します。

那覇の景観資源(都市景観資源)とは?
「都市景観の形成上重要な価値があると認められる樹木や石垣、拝所、建築物などを対象として、都市景観資源指定候補の選定を行い、所有者の同意を基に那覇市が指定した物件(資源)」のことをいいます。
第1回~6回景観資源指定候補集(PDF/8.9MB)
那覇の都市景観資源指定物件(PDF/2.5MB)

記事を書くにあたって4つの注意事項。
1、個人所有の物件は撮影許可等が発生するので紹介しません。
2、公園や街路樹などの所有者が公の物件のみを紹介します。
3、不定期で景観資源シリーズ記事を更新します。完結するかは不明です。(ここ重要)
4、景観資源指定候補集では、ナンバリングが地区を跨がりバラバラでうたれています。当ブログでは順不同で紹介します。

僕が見た印象を5段階で評価します。
5→選定当時と比べ、ほぼ変わらず残っている状態。
4→選定当時と比べ、変化が見られる状態。
3→選定当時と比べ、大きく変化が見られる状態。
2→選定当時と比べ、大きく変化見られる上に存続が危ぶまれる状態。
1→存在しない。

「景観資源候補」の中から「都市景観資源」に指定された物件は(都市景観資源)と記載しています。
これまでに更新した「那覇の景観資源シリーズ」のブログ記事はこちらをクリック

No.3

No.3:ガジュマル(リウエンマンション前)(都市景観資源)
場所:字壺川(Googleマップ)
所見:官民協力の元、公園と一帯化された広場に保存されたガジュマルの巨木。
選定:1993年(平成5年)
状態:5
YouTube:0:09~

一言メモ:今もほぼ変わらず選定当時の状態で残っています。
リウエンマンションはライオンズマンションに生まれ変わっていますが、巨木は変わらず同じ場所に根を生やしています。

No.6

No.6:壺川の国場川辺のアコウ
場所:字壺川(Googleマップ)
所見:琉球石灰岩に生息した見事なアコウの巨木である。
選定:1993年(平成5年)
状態:5
YouTube:0:20~

一言メモ:今もほぼ変わらず選定当時の状態で残っています。
国場龍宮神としても崇拝を集めるアコウと石灰岩です。
Wikipediaのアコウ(植物)より引用すると「琉球諸島では他の植物が生育しにくい石灰岩地の岩場や露頭に、気根を利用して着生し生育している。」とあります。この記述のような生態の資源です。

No.13

No.13:ガジュマル(壺川のおおきな木)(都市景観資源)
場所:字壺川(Googleマップ)
所見:壺川改良住宅地内に残された巨木。児童遊園のシンボルとなっている。
選定:1993年(平成5年)
状態:5
YouTube:1:00~

一言メモ:今もほぼ変わらず選定当時の状態で残っています。
きれいなキノコ型の造形で、ラピュタ感あるよね。No.3「ガジュマル(リウエンマンション前)」のすぐ近くにある木で、同様に共同住宅のド真ん中に根を生やしています。

No.43

No.43:楚辺のクヮーディーサーと古墓
場所:楚辺2丁目(Googleマップ)
所見:地域のシンボルともなれるクヮーディーサーの巨木と数基の亀甲墓がある。
選定:1993年(平成5年)
状態:5
YouTube:1:15~

一言メモ:今もほぼ変わらず選定当時の状態で残っています。
撮影時期的に葉が散って閑散としていますが、枝ぶりは巨木そのもの。
新築の住宅が密集しており、見つけづらい場所にあります(見つけるの大変だった)
日本名ではモモタマナ(コバテイシ)と言い、沖縄では墓地や公園でよく植えられている木です。実はコウモリの大好物。

No.74

No.74:壺川御嶽とガジュマル
場所:字古波蔵(Googleマップ)
所見:御嶽を覆い隠すような枝ぶりの良いガジュマルが雰囲気を深めている。
選定:1993年(平成5年)
状態:1
YouTube:1:30~

一言メモ:御嶽は残っていますが、ガジュマルは伐採されています。残念なことに景観資源は失われています。
Googleストリートビュー2010年8月時点では、ガジュマルは確認できます。

※Googleストリートビューよりキャプチャ

No.88

No.88:軽便鉄道のレール(都市景観資源)
場所:字壺川(壺川東公園)(Googleマップ)
所見:軽便鉄道の歴史を甦らせる貴重な存在価値を持つ。
選定:1993年(平成5年)
状態:5
YouTube:1:50~

一言メモ:今もほぼ変わらず選定当時の状態で残っています。
1914年~1945年まで那覇から与那原までを繋いでいた沖縄県営鉄道与那原線のレールです。(現バスターミナルから旧JA与那原)
この壺川東公園は、当時の那覇駅と壺川駅の間に位置しています。
設置されている車両は、南大東島でサトウキビ等を運搬するのに使っていたディーゼル機関車と蒸気機関車(下部)とのこと。
2015年にはカフーナ旭橋建設中(旧那覇駅)に転車台が発見され、現在モニュメントとして整備中です。市内では数少ないケービン鉄道の遺構です。

記事中の情報

那覇の景観資源指定候補集(8.9MB)→こちら
那覇の都市景観資源指定物件→(2.5MB)→こちら
「那覇の景観資源」Googleマイマップ→こちら

代表してNo.88「軽便鉄道のレール」の地図を掲載します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました