琉球銀行本店の内覧会に参加してきた。

2020年11月14日に開催された「琉球銀行本店ビル内覧会」に参加してきました。
米軍統治下の1966年5月31日竣工した琉球銀行本店ビルは、米国民政府工兵隊の主導で建設されましたが、老朽化のため2021年に解体予定となっています。

建物の至るところに米軍統治下の名残を垣間見ることができました。
国内でも珍しいモスラー社製(THE MOSLER SAFE CO)の金庫や特殊なエレベーター、英語表記の設備などなど。
写真撮影は許されたのですが、インターネット公開は禁止ということで、残念ながらビル内部の写真をアップすることができません。残念。。。

当記事では、内覧会で説明された琉球銀行本店ビルの歴史や仕様について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

琉球銀行本店ビル

1966年5月31日に竣工した琉球銀行本店ビルは「ライアン設計事務所」が設計を担当し、施工は大城組。施工業者の選考では、アメリカ企業3社と日本企業2社の国際競争となりました。
竣工当時は3階建でしたが、1969年に5階まで増築。増築時の施工業者は國場組となっています。設計当初から5階建を予定していたのですが、金銭面の問題で3階建で竣工を迎えたそうです。

窓の形は崇元寺石門のアーチの形状を参考にしたという話が、嘘か真か伝承話としてあるそうです。
窓ははめ殺しとなっており、これは米国民政府の意向が強く反映された結果だそうです。(防音のためらしい?)

建物内部は柱が少ない大空間となっています。これは床面60cm間隔にプレストレスト(PC)工法が用いられているためで、日本国内では梁によく用いられるPC工法が床面に用いられているということで大変珍しいそうです。
1966年当時としては画期的な全館冷暖房も完備しており、地元建設企業へ多くの技術が伝来するきっかけとなった建物らしい。

スポンサーリンク

ドライブインバンク

上の写真は琉球銀行本店ビル側面にある掲示板ですが、これも歴史的背景があります。
当初「ドライブインバンク」という、ドライブスルー形式で銀行窓口サービスを受けることができたそうです。その窓口の名残がこの掲示板。
そう言われてみれば、マクドナルドとかで見かけるドライブスルーの窓にそっくりですよね。

新本店ビル

2021年に現在の本店ビルは解体され、2025年に新本店ビルが完成する予定となっています。
それまでは、旭橋の那覇ポートビルに本店機能を一時移転します。

新本店ビルは地上13階建を予定しており、7階~13階はホテルが入居する計画とのことです。(比較として沖縄県庁舎は地上14階建)
現本店裏にある駐車場等の敷地も含め建設する予定で、間を走る那覇市道も交換条件のもと新本店ビルの敷地になるそうです。

©OpenStreetMap(一部加筆)

詳しくは上のOpenStreetMapを用いて説明します。(※範囲、面積は不確定です。)
赤色の範囲内に新本店ビルが建つ予定です。現本店ビル裏にある駐車場等も含めて新本店ビルが建設されます。
間を走る那覇市道(緑色の範囲)は、久茂地川沿いの敷地(青色の範囲)と交換条件のもとで新本店ビルの敷地になるそうです。
久茂地川沿いの敷地(青色の範囲)は、車道になるのか?歩道になるのか?公開空地になるのかはわかりません。
門外漢の僕にはよくわかりませんが、このような条件があって、容積率も稼げるので新本店ビルは13階建が実現できるそうです。

出典:那覇市・市道路線認定図

余談ですが、該当の那覇市道は久茂地3号と久茂地6号です。
上の路線図(那覇市・市道路線認定図)を見ると、本店と平行に走るのが「市道久茂地3号」で、市道久茂地3号と垂直に走るのが「市道久茂地6号」です。
那覇市議会会議録を調べてみると、以下のような議案が2020年2月定例会で都市みらい部長よりなされていました。

議案第52号、市道の路線変更及び廃止について、提案理由をご説明申し上げます。
本案は、久茂地一丁目における土地の高度利用等を目的とした街区の再編に伴い、市道の路線の変更及び廃止を行うため、道路法第10条第3項の規定に基づき、議会の議決を得る必要があるので提出するものでございます。
変更する路線は久茂地3号、(終点の変更)、廃止する路線は久茂地6号、でございます。
よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。

引用:那覇市議会会議録(2020年2月12日)

久茂地6号は路線廃止、久茂地3号は久茂地5号と交わるあたりで終点になると思われます。
この議案は、新琉球銀行本店ビルのために提出された議案だと思われます。

無念

記事の冒頭にも書いたように、米軍統治下の名残がたくさん垣間見ることができたので、内部写真もあわせて記事を書き上げたかった。
銀行の業務上、内部の様子をネット公開するのにはどうしてもシビアになるのでしょうね。。。残念無念。。

報道等では、ビル内部の様子が写真や映像として見ることができるので、そちらもぜひ見てみては?

築54年 琉球銀行本店解体を前に内覧会|QAB
【久茂地の象徴】琉銀本店建て替えへ 内覧会で金庫公開|琉球新報(YouTube)

記事中の情報

琉球銀行→こちら
現本店ビル内覧会の実施について|琉球銀行→こちら

住所:沖縄県那覇市久茂地1丁目11 11番1号

コメント

タイトルとURLをコピーしました