⚠サポートのお願い⚠
スポンサーリンク

天皇皇后両陛下奉迎提灯大パレードのレポート

ポリシー
この話題に関しては、あらゆるご意見やお考えがあると思います。
特定の思想や主義等に関してはノーコメントです。
ただし、敬称や一部の敬語等は、皇室典範第23条や一般的な使用例により、それを使用します。
当記事が、議論の場になることや議論の材料となることは不本意であります。
上記の事から、頂いたコメントを削除する場合があると思いますが予めご了承ください。

 

天皇皇后両陛下沖縄訪問

平成30年3月27日~29日までの3日間、天皇皇后両陛下が沖縄を訪問されてます。
皇太子時代から含めると今回の訪問で11回目。天皇在位中、最後の沖縄訪問になる見通しです。
27日には糸満市の沖縄平和祈念堂と国立沖縄戦没者墓苑を訪れ、戦没者を追悼。
翌28日には与那国島を初訪問。
最終日29日は、豊見城市の沖縄空手会館を見学され、午後には帰京される予定です。

 

天皇皇后両陛下奉迎提灯大パレード

27日18時頃、緑ヶ丘公園から奥武山運動公園まで、奉迎提灯大パレードが開催されました。
僕は19時前に緑ヶ丘公園に到着しました。パレード最後尾がちょうど出発するタイミングでした。
「天皇陛下万歳」「皇后陛下万歳」「平成の御代万歳」「日本国沖縄県万歳」など万歳三唱をしながら行進。

「横断幕。⑧の先頭。」

「緑ヶ丘公園から一銀通りに出て、国際通り向けに進行します。」

「国際通りの片側1車線を封鎖し県庁前へ。」

「那覇市役所前を通過します。」

「県議会前では自衛隊の陸・空特別編成音楽隊が演奏をしてました。」

「奥武山運動公園に到着し、提灯の振り方等の説明を受けます。その後、君が代を2度斉唱。」

「20時過ぎ、お泊りになられているホテルの窓辺にお姿を現し、提灯を左右に振りお応えになられました。」

陛下は直後に「大変大勢でありがとう。皆さんの灯りはとてもきれいに見えました」と感想を述べられ、集会場でもお言葉は直ちに伝えられました。
主催者発表で、今回の奉迎提灯大パレードの参加人数は約4500人だったそうです。→実行委員会Facebook
閉会の挨拶では下地敏彦宮古島市長シンバホールディングス会長で元沖縄コンベンションビューロー会長の安里繁信さんも登壇されていました。
集会場には仲井真弘多元沖縄県知事の姿もありました。

 

動画も見てね

記事中の情報

天皇皇后両陛下奉迎沖縄県実行委員会特設サイト(期間限定の可能性あり)→こちら
ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューHP→こちら
宮内庁→こちら

注意事項
当記事中の文章や写真、動画を含むすべての情報の転載複製は禁止です。
個人利用や引用など、全ての二次使用も禁止です。
記事公開後、判断によっては限定公開にする可能性があります。予めご了承ください。

サポートのお願い
誤字脱字の指摘はこちらまで

レポート
購読する
この記事を書いた人
平田 朝晃

ハンドルネーム:まぁびぃせんせー。
1995年1月30日、沖縄県那覇市出身。
2007年から2017年までは、Amebaでブログ運営をしていました。
現在は、WordPressで運営しています。
詳しいプロフィールはこちら

購読する
スポンサーリンク
THE RORISI
タイトルとURLをコピーしました