スポンサーリンク

OPPO A73を今更レビュー。

中古ですが1万円で売っていたので、OPPO A73を購入しました。
2020年11月に発売された端末を今更レビュー記事にします(笑)

先んじて感想を一言で表すと「安いからまぁいいか」って感じ。
メイン機として使ってるiPhoneと比べると動作やカメラ性能で劣る箇所が多々あるものの、価格差を見るとそりゃ当然なこと。比較するのがおかしい話で、A73はそういう意味では高コスパです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スペック

ディスプレイ6.44インチ(水滴型ノッチあり)
2400×1080 408ppi
リフレッシュレート60Hz
有機EL ガラスゴリラ3
カメラ(4眼)メイン:1600万画素 F2.2
超広角:800万画素 F値2.2
モノクロ:200万画素 F2.4
ポートレート:200万画素 F2.4
フロント:1600万画素 F2.2
バッテリー4000mAh(標準)
急速充電:QuickCharge 3.0(9V/2A) 
SoCQualcomm® Snapdragon™ 662
OSAndroid10ベース  ColorOS 7.2
ネットワーク3G:WCDMA:1/2/4/5/6/8/19 4G:FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28
4G:TD-LTE: Bands 38/41
5G:未対応
SIMnanoSIM、eSIM
サイズ縦:約159.8mm
横:約72.9mm
厚さ:約7.45mm
質量:約162g
その他FMラジオ、USB Type C、35mmイヤホンジャックあり
商品ラインナップ4GB RAM + 64GB ROM
カラバリ:ネービー ブルー、ダイナミック オレンジ

詳しくは公式サイトでご確認ください→こちら

スポンサーリンク

外観など

下部には、USBポート(タイプC)、35mmイヤホンジャック、スピーカーが配置されています。

右サイドには電源ボタンのみが配置されています。指紋認証はディスプレイ内蔵です。

左サイドには、上からSIMスロット、音量の+-ボタンが配置されています。

画面上部には水滴型のノッチがあります。

背面はプラスチックですがレザー加工がなされていておしゃれ。薄くて角ばったデザインでとにかく軽く、iPod touchを持ったかのような感覚です。

SIMはnanoSIMとeSIM。microSDは最大256GB対応。

同梱物

同梱物は、純正スマホケース、イヤホン、充電器などなど。
よく見るラインナップです。

ベンチマーク

↑Antutu

↑Geekbench

AnTuTuでベンチマークを計測するとGPUが0。v9以降では一定のスペックを満たさないとGPUの計測で完走できなようです。総合スコアは156450点
Geekbenchでは、シングルスコア308点マルチスコア1198点

顔認証・指紋認証

顔認証の速度は普通。指紋認証はたまに遅い時があります。
設定で「目を閉じた状態でロック解除しない」のオンオフが可能です。

カメラ

カメラは4眼ですが、そのうち1つはモノクロ(200万画素)なので、「なんちゃって4眼スマホ」です。
特筆すべき機能もなく、タイムラプスやPROモード、パノラマ撮影などもちゃんと使えます。

作例写真

作例写真は無加工の撮って出しです。オリジナルサイズはFlickrでご確認ください。

OPPO A73↑広角

OPPO A73↑標準

OPPO A73↑2倍(デジタルズーム)

OPPO A73↑5倍(デジタルズーム)

カメラアプリの機能としてある2倍ズーム、5倍ズームはデジタルズーム。

OPPO A73↑パノラマ

パノラマは荒い仕上がり。

OPPO A73↑AIシーン強化

AIシーン強化をONにしたら、めっちゃ派手な写真になった。

OPPO A73↑ポートレートモード

OPPO A73↑ノーマル

被写体がいないので写真は載せれませんが、髪周辺などの複雑な境界線の出来はあまり良くないです。

OPPO A73↑夜景モード

↑iPhone11で撮影(3秒露光)

深夜の公園は暗すぎて厳しい条件だったと思います。
iPhone11の写真と比較してみてください。

OPPO A73↑夜景モード

OPPO A73↑夜景モード

OPPO A73↑夜景モード

動画

4K撮影は不可で、1080p30fpsが最大です。60fpsの撮影もできません。
動画の印象としては、手ブレ補正がしっかり効きます。
しかし、画質はとても荒く、手ブレ補正のために結構クロップしてるのかな?

撮影した日は強風で、風切り音が激しいです。

総括

記事の冒頭にも述べたように、「安いからまぁいいか」って感じです。
iPhoneやGalaxyのようなスマホと比較したらそりゃ劣る箇所は多々ありますが、サブ機や格安スマホとしては高コスパだと思います。
デザインもよく、とても軽い。
ただ、写真や動画を重視する人にはオススメできません。自分の用途や重視ポイントを考慮して購入してください。

記事中の情報

OPPO A73公式ページ→こちら
Flickr「POCO X3 Pro作例」→こちら
キーワード:オッポ,中華スマホ,格安スマホ,楽天モバイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました