TP-Link Tapo C200のレビュー(ネットワークWi-Fiカメラ)

TP-Linkが販売している、ネットワークWi-Fiカメラ「Tapo C200」を買いました。
購入目的は、自室の人の出入り、防犯カメラとしてです。

スポンサーリンク

スペック&特徴

  • 200万画素・1080pフルHD・最大15fps。
  • スマホで簡単に操作&確認が可能。動体&音声検知も搭載。
  • 水平方向360°、垂直方向114°までをカバー。
  • 128GBまでのマイクロSDカードに対応。
  • 動体検知をして、スマホへ通知が可能。
  • スマホアプリから双方向音声会話が可能。
  • 夜間や薄暗い場所でも映像の視聴や録画が可能、ナイトビジョンモード。赤外線センサー。
  • 不審な人物が映ったら、アラーム音とライトで警告、アラーム機能。
  • スマホ用アプリで最大32台のTapoカメラを登録可能。ひとつの画面を4分割して、最大4つのカメラを一度に確認可能。

引用:TapoC200公式サイトAmazonページ

スポンサーリンク

外観&同梱物

↑レンズ下部にはSDスロットとリセットボタン

↑後方には電源とスピーカー&マイク

↑電源ケーブルと天吊用のアダプタ

↑天吊してみた

アプリ

iOS版 Android版

アプリの出来は素晴らしいです。
ペアリングも簡単で、操作性も悪くありません。

↑アプリのトップ

  • 「音声通話」で、スマホ⇔カメラの双方向通話ができます。音質は可もなく不可もなく、しっかり言葉を聞き取れるクオリティです。マイクの感度も非常に高い。
  • 「再生&メモリー」で、録画したデータをみることがきます。

↑パン&チルトの十字ボタン

  • 十字ボタン操作は、タイムラグがありました。
  • 「位置をマーク」では、好きな角度(画角)を登録し、ワンタップでその角度(画角)まで首振りをしてくれる機能です。

↑設定>検出とアラート

  • 動体を検知したら録画したり、スマホへ通知を飛ばしてくれます。(24時間録画も可能)

↑設定>録画スケジュール

  • 1時間単位で録画の有無を設定できます。24時間連続録画もできるし、動体検知したときだけ録画もできます。

不満&不安

不満1:動体検知の通知。
通知がとにかくウザい。僕が部屋にいるときは1分おきに動体検知の通知が飛んできます。(※設定でOFFにできます。)
次期アップデートでは、「スマートアクション」が追加されるそうで、「家から外出」「家に着く」などのショートカットが登場するそうです。

不満2:自動再起動。
毎日午前3時に、カメラの性能を維持するために自動再起動をします。(※自動再起動はOFFにすることもできます。)
再起動するのは別に構わないのですが、再起動後、以前の角度(画角)に戻ってない場合があります。
例えば、カメラを天吊していると、必然的に少し下向きの角度に調整します。しかし、再起動後はホームポジションになっていて、虚空を映しているのです。

不満3:プライバシーモード。
プライバシーモードをONにすると、ソフトウェア的に録画やストリーミングが中断されるのですが、物理的なレンズカバーが閉じるわけではありません。
また、プライバシーに関しては正直不安です。なぜなら、TP-Linkは中国企業であるということと、同社のルーターで異常なTNPサーバーリクエストが行われているというブログエントリーを目にしました。

日常生活で見られたくない場面は多々あると思いますが、その際はプライバシーモードを信用せず、あらぬ方向へパン&チルトした方がいいかもしれません。
僕の場合は、真後ろ方向に「位置をマーク」しており、プライバシーが必要な場面で活用しています。

こういう商品がほしい

上記の不満点3つをクリアしたネットワークカメラが、僕の思い描く理想的なネットワークカメラです。

僕は各メーカーに、2つの要望があります。

要望1:僕以外の動体を検知してほしい。
AIなどによる顔識別は否定的です。なので、例えば、スマホのBluetooth LEなどのビーコンをネットワークカメラがキャッチして、近くに僕のスマホがある場合は、動体検知を自動でOFFにしてほしい。
外出時はほぼ100%スマホを持って出るので、ビーコンが遠ざかったときに動体検知を自動でONしてほしい。そうすれば、僕以外の動体を検知して、スマホに通知を飛ばせるのでは?

Tapo C200では、次期アップデートで「家から外出」「家に着く」などのショートカットが実装されるようですが、正直それさえも面倒だし、忘れちゃうよね。(ショートカットをウィジェットに配置できないかな?)

要望2:プライバシーモードは物理的なレンズカバーで遮断してほしい。
これは読んで字の如く。ソフトウェア的に録画&ストリーミングが中断されても信用できません。

Tapo C200のスペックに、上記の要望2つと「動体の自動追従(トラッキング)」を加え、定価5000円くらいで作って欲しいな~。

その他のカメラ

ちなみに、動体の自動追従(トラッキング)機能を備えたネットワークカメラは多々あるようです。

感想

Amazonタイムセール祭りで3390円で売っていたので買ってみましたが、この価格帯でこの性能なら特に文句はありません。
そして地味にありがたいのが、電源ケーブルが長めなところ。天吊する場合などを想定しているのでしょう。

記事中の情報

公式サイト TP-Link TapoC200→こちら
Amazon TP-Link TapoC200→こちら
キーワード:防犯カメラ,ペットカメラ,子どもカメラ,監視カメラ,ホームカメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました