⚠サポートのお願い⚠
スポンサーリンク

シグルクガー(直禄井泉)が立入禁止になってた。

那覇市銘苅にある「シグルクガー(直禄井泉)」が改修され、フェンスに囲われ立入禁止になっていました。落石や樹木落下の危険性があるからのようです。

シグルクガーは、玉城朝薫作の組踊「銘苅子」ゆかりの井泉で、中山王が首里城の龍樋の水と味比べをしたと伝わる名泉です。日本各地に残る羽衣伝説の一説の地でもあります。

新井泉

フェンスの前に、新たに井泉が作られており、地下水道から湧水が引かれています。

湧水は健全のようです。

前に撮った写真

↑2012年撮影

2012年1月に撮影したシグルクガーの写真が残っていました。この頃は、排水の整備もされておらず泥濘んでいました。

↑2019年7月撮影

昨年、2019年7月にも訪れました。この頃はギリギリ改修前でした。

旧井泉のプールはこんな感じ。水底にはお賽銭もチラホラありました。

危険性があるので立入禁止になったのは仕方のないことですが、景観的には大きく損なわれてしまいました。

記事中の情報

2019年7月に撮影した動画→こちら(1:28~)
銘苅子(文化デジタルライブラリー)→こちら
キーワード:めかるしー,めかるしい,スグルクガー,おもろまち,新都心

住所:沖縄県那覇市銘苅2丁目10

サポートのお願い
誤字脱字の指摘はこちらまで

写真
購読する
この記事を書いた人
平田 朝晃

ハンドルネーム:まぁびぃせんせー。
1995年1月30日、沖縄県那覇市出身。
2007年から2017年までは、Amebaでブログ運営をしていました。
現在は、WordPressで運営しています。
詳しいプロフィールはこちら

購読する
スポンサーリンク
THE RORISI

コメント

タイトルとURLをコピーしました