2019年2月24日は県民投票。

2019年2月24日は「辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票」の投票日です。
期日前投票も各地で行われています。→期日前投票所一覧
この記事の更新日から、ちょうど1週間後が投票日です。有権者は投票へ行きましょう。

スポンサーリンク

那覇の様子

↑那覇市役所

↑県庁前の県民広場

↑沖縄タイムス本社ビル

↑琉球新報本社ビル

↑パレットくもじ前

↑反対派の横断幕やチラシ投函をよく見かける(投票運動は自由)

※県民投票条例 第12条:県民投票に関する投票運動は自由とする。ただし、買収、脅迫等により県民の自由な意思が制約され、又は不当に干渉されるものであってはならない。

運動は自由とは言え、掲示箇所の許可申請や屋外広告物に関する条例、道路法などの法律や条例に抵触しない形で掲示をしなければなりません。
この横断幕は許可を得て掲示してるかは不明で、撮影した数日後には撤去されていました。

スポンサーリンク

県民投票音楽祭

2019年2月17日17時から、パレットくもじ前広場では「県民投票音楽祭」が開催されました。
多くのアーティストが歌を披露し、投票を呼びかけていました。

一時は5つの市が不参加を表明し、全県での実施は厳しいのではないかと思われていました。
しかしその後、各会派での調整が行われ「賛成・反対・どちらでもない」の三択で同意がなされ、県民投票条例が改正されました。

署名活動の段階からこのニュースを追っていた僕個人としては、政治家によるゴネで住民の政治アクション(直接請求)が一部変更されてしまったことは、恐ろしいことだと感じています。
同時に、賛成派と反対派の投票運動があまりにも乖離しているので、空気的に如何なものかとも感じています。「空気」は大きく左右しますから。

記事中の情報

県民投票公式サイト→こちら
沖縄県「県民投票推進課」→こちら
2018/07/24更新:「辺野古」県民投票署名最終日

コメント

タイトルとURLをコピーしました